お知らせ
[年末年始休業のお知らせ]
2017/12/30(土)〜2018/1/4(木)までお休みいたします。恐れ入りますがご了承くださいませ。
2017/10/16
J:COMチャンネル(地デジ11ch)「JAPONICA(ジャポニカ) TV」に弊社社長が出演し、金平糖が紹介されました。
過去のお知らせ
いらっしゃいませ ゲストさん

大阪金平糖・チョコレート製造会社「佐々木製菓」 > コンテンツ > 創業からの歴史・受賞歴−昭和4年創業 継承した技術の受賞歴

創業からの歴史・受賞歴−昭和4年創業。継承した技術の受賞歴

創業から培われた掛菓子技術を応用し、時代に合わせた菓子を作り、皆様にご満足いただけるよう日々創造しています。

先代 佐々木信義

佐々木製菓は、昭和4年に大阪市浪速区大黒町において掛菓子の製造を開始。

その後軍工場に買収された為昭和20年に大阪市阿倍野区に移転しました。 設立当初より掛菓子を製造し、金平糖やチャイナマーブル(キャンディー)を販売。その後昭和30年頃より焼菓子や半生菓子の製造を開始した後、昭和56年にチョコレートの製造を開始しました。

現在では創業当初からの金平糖と、掛菓子技術を用いたチョコレート菓子の製造を主に行っています。

歴史

昭和4年 大阪市浪速区にて佐々木信義個人にて掛菓子の製造を開始。
大阪市東住吉区桑津町に移転。
昭和20年 大阪市阿倍野区にて再び掛菓子の製造を開始
昭和29年10月 丸信製菓株式会社を設立
昭和30年 焼菓子(マコロン)の製造を開始
昭和32年8月 称号を株式会社佐々木製菓に変更
昭和40年 半生菓子(栗ボーロ)の製造を開始
昭和56年 チョコレートの製造を開始
平成16年6月 大阪市生野区に新工場設立、生産部門を移転

受賞暦

  • 昭和29年4月 第13回全国菓子大博覧会 金賞
  • 昭和32年3月 第14回全国菓子大博覧会 名誉審査大賞
  • 平成14年11月 第24回全国菓子大博覧会九州in熊本
    名誉総裁賞(意匠部門)
  • 平成14年11月 第24回全国菓子大博覧会九州in熊本
    名誉総裁賞(意匠部門)
  • 平成20年5月 第25回全国菓子大博覧会
    全菓博栄誉大賞
  • 平成20年5月 第25回全国菓子大博覧会 金賞
創業からの歴史・受賞歴−昭和4年創業 継承した技術の受賞歴

創業からの歴史・受賞歴−昭和4年創業 継承した技術の受賞歴

商品番号 history

ネット販売価格0円(本体価格:0円 + 消費税:0円)

数量
商品到着後7日以内にご連絡いただいた場合のみ返品に応じさせていただきます。
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済